プロフィール

Yuri Ishikami
公認心理師 / 臨床心理士
全米ヨガアライアンス

現在は主に発達障害の方のカウンセリングやWAIS検査を担当しています。また、マインドフルネス瞑想やヨガを教えることも多いです。

発達障害相談

【経歴】

大学・大学院と心理学を学び、警視庁に入庁。職員のカウンセリングや心理検査、メンタルトレーニングなどを担当。

認知行動療法に基づいたカウンセリングを実践する中で、身体にもアプローチする方法を取り入れたいと思い、ヨガや瞑想を学ぶため留学。

帰国後は、医療機関、行政機関などで相談・カウンセリング業務を行いながら、集団認知行動療法の講師、講演会、ヨガインストラクター、ライターなど活動中。

https://発達障害支援.com/お問い合わせ/

また、現在、セルフコンパッションに注目しており、カウンセリングに取り入れたり、講義活動を行なったりしています。

【ライフストーリー】
高校生の頃に「自分のマニュアル」があったら人生イージーになるかなと思い、心理学の道に進みました。

自己理解が進めば進むほど、環境の選び方、人付き合いの仕方、自分に合った体調管理やストレス対処法が分かり、人生を生きやすくなりました。

どんなことがストレスになるのか、ストレスがかかるとどんな反応が出るのかが分からないと、適切な対策は取れません。

大学や大学院で心理学を学び、自己理解を深めるだけではなく、もうひとつ大切なことに気づきました。

自己肯定感とセルフコンパッションです。

自己肯定感やセルフコンパッション が低いことが、自責や不安定な気分、さらに二次的な症状にもつながっていくのかなと考えています。

現在は、認知行動療法をベースにセルフコンパッションの考えを取り入れてカウンセリングしています。