発達障害情報

大人の発達障害向け就労支援情報まとめ

みなさん、こんばんは。
臨床心理士のゆり(@counseler_yuri)です。

今回は大人の発達障害に向けの就労支援情報を紹介していきたいと思います。

昨日は、大人の発達障害に関する相談やカウンセリングが可能な機関を紹介しました👇

https://発達障害支援.com/developmentaldisorder-counseling/

最近は、発達障害に特化したプログラムがあるリワーク施設もたくさんあります。発達障害の方は技術面の能力が高い場合も多いので、「パソコンの授業」などは退屈してしまったり、脳科学的な視点を取り入れた方が良かったり、特化したプログラムの方が効果も高いかなと思います。

それでは、紹介していきます。


発達障害に関わらず、就労支援を探す上での注意点!

 

誰かのおすすめのところでも、万人に合うとは限らないです。

実際に見学して雰囲気を見たり、自分に合うか確かめてから申し込むこともおすすめします。

 

大人の発達障害向け就労支援情報まとめ

メディカルケア虎ノ門

[pz-linkcard-auto-replace url="http://www.medcare-tora.com/clinic/adult.html"]

知り合いが通っている印象ですと、ここのリワークは評判も良いかなと思います。

発達障害の方向けのプログラムをやっています👇

成人の発達障害の方のための
リワークプログラム
『SSR (Social Skill Renovation)』

 

【プログラムの内容】

  • 病気の受容および特性理解
  • 自己理解(強みと弱み)
  • 職場での不適応理由の分析
  • 具体的な解決策の検討と実践

 

ニューロワークス

ニューロワークスのHP

発達障害の方に特化したプログラムはありませんが、脳科学に基づいたアプローチをしてくれます。食事、睡眠、ストレスケア、運動、脳トレの5領域を知識と実践形式で学べます。

スタッフの方も良い方が多いです。

リンクビー

発達障害専門の就労支援サービスです。完全に特化しているのはここだけなのかなと思います。

しかし、実際に私は見学していないのと、知り合いに通っている方がいないので、申し込む場合は雰囲気を見てからが良いのかなと思います。

国や都道府県の発達障害向け就労支援機関を利用する

東京都発達障害者支援センター

[pz-linkcard-auto-replace url="http://www.tosca-net.com"]

HPにある説明文👇

東京都在住の発達障害のある本人とその家族に向けて、日常生活に関すること、人との関わり方に関すること、学校生活に関すること、就労に関すること、「こういう相談はどこにすればよいか」等地域の相談窓口や家族会等に関する情報提供など、全てのライフステージにわたって発達障害に関わる相談をお受けしています。

※東京都発達障害者支援センターのサイトより

 

ハローワーク

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaishakoyou/06d.html"]

HPにある説明文👇

個々の障害特性に応じたきめ細かな職業相談を実施するとともに、福祉・教育等関係機関と連携したチーム支援による就職の準備段階から職場定着までの一貫した支援を実施しています。※厚生労働省のサイトより

いろんな情報やリンクがまとまっています。情報収拾のためにチェックするのもおすすめです。

地域障害者職業センター

[pz-linkcard-auto-replace url="http://www.jeed.or.jp/location/chiiki/"]

各地域にあります。各センターのリストが載っています。

HPにある説明文👇

地域障害者職業センターでは障害者に対する専門的な職業リハビリテーションサービス、事業主に対する障害者の雇用管理に関する相談・援助、地域の関係機関に対する助言・援助を実施しています。
※地域障害者職業センターのサイトより

地域若者サポートステーション

[pz-linkcard-auto-replace url="http://saposute-net.mhlw.go.jp"]

HPにある説明文👇

地域若者サポートステーション(通称サポステ)は、 働くことに踏み出したい若者たちとじっくりと向き合い、 本人やご家族の方々だけでは解決が難しい「働き出す力」を引き出し、 「職場定着するまで」を全面的にバックアップする厚生労働省委託の支援機関です。
※地域若者サポートステーションのサイトより

今回は以上となります。

それではー!